圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「東京藝術大学 スーパークローン文化財展」

午前中原稿を書き、仕事仲間に

教えてもらった展覧会へ、ぶらり

門司港。

 

スーパークローン文化財とは

いわゆる科学技術の粋を集めた復元。

小林さんの会をプロデュースするものとしては

見ておかなきゃとぶらり。

 

どの作品も興味深かったが、なかでも

面白かったのは、マネの「笛を吹く少年」を

立体にしオブジェ可したもの。

法隆寺の釈迦三尊像もなかなか見事でした。

 

ついでに海峡ミュージアムのカフェで

コーヒーを飲み、小腹が空いたので

門司港の有名ラーメン店「大平山」へ。

 

さあ、今日はこれらから、高坂塾です。

今回は、僕が中三のときに読み衝撃を受け、以来

オンリーワン、ベストワンの小説、梶井基次郎の

「檸檬」をテキストに、彼の観察力と想像力の

秘密に迫ります。

 

 

 

 

 

- | 17:24 | comments(0) | - | - | - |
今日の言の葉 10/19

新自由主義と資本主義の中で

生きていくことは、格差と分断の

中で生きていくことだから

基本的にはずっと生き辛い。

時に資本主義の外的価値に心を

乗っ取られ、時に血が通った関係と

没頭によってそれを打破する。

それを繰り返していくしか

ないのだろう。

 

オードリー 若林正恭

著書「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の

   野良犬」より

 

 

- | 10:33 | comments(0) | - | - | - |
いつもの酒場、いつもの常連

二日前の話。

その日のネタは、ありがちな

「生まれ変わったら、男か女か」

すると学生運動の元闘士、盲目の

マスターが「男。なぜなら男は

能動的で女は受動。自らアクションを

起こす人生がいい」

 

ここに僕が反応。

「いまどきそんな古臭いこと言ってると

笑われるよ。男にも受動的なやつはいるし、

女で能動的な人なんてあちこちにいる」

「それはそうかもしれんが、生物学的に

そうなってる」

「なにそれ」

としばし、言い合い、大騒ぎ。

 

自宅に帰って、「オレ間違えてないよな」と

不安になり、ネットでリサーチ。

すると、最新の学説、

「男は狩猟、女は採集に根拠なし」という

記事を見つけた。

 

やっぱりと膝を打ち、ひとり深くうなずく。

でも何も言いあうことはなかったと翌日、

マスターにお詫びの意味も込めて、シャンパンを

おごり、乾杯。

 

で、昨日のネタは、「おれ達は少数派なのに、なぜ

自分の言うことを正しいと思っているのか」

これはみんなでわきあいあい。

結論、「いらんこと言わずに黙り込もう」

- | 09:51 | comments(0) | - | - | - |
楽天カードにもの申す!

カードの明細を知るために

楽天ナビにアクセスしてみた。

ところが、

複数カウントをもっているため、

楽天ナビにアクセスできません。

card申し込み時のパスワードを

入れてください。

 

が、パスワードを忘れてしまった。

そこで、忘れた場合はどうすればいいのかを

尋ねようとしたら、まあ、これが大変。

コールセンターは絶望的につながらないし、

自動チャットはらちがあかない。

 

ではメールで聞こうかとも思ったが、

このアドレスは、楽天ナビに入ってないと

わからない。

楽天ナビに入れないものはどうすればいいのか。

いや、忘れた僕が悪いのは百も承知だが、

煩雑な問い合わせを避けるため、Q&Aを

たくさん作っている企業努力もわかる。

 

しかしそこから抜け落ちる問いかけの場合、

こちらとしてはなすすべがない。

そもそもあの自動音声というのがイヤだが、

まぁ、これはおじさんのグチ。

せめて銀行のように、ATMにカード入れたら

明細が出てくるとか、ならないのかな。

 

ほんと楽天さん、こういうとき、

どうすればいいの?

おせーて、おせーて。

 

もうカード返そうかな。

- | 13:57 | comments(0) | - | - | - |
コツはあるのか?「字が汚い!」 新保信長

著者は敏腕編集者なのだが、

字が下手というコンプレックスを

長年抱えていた。

 

そこで50過ぎても字はうまくなる

のか、をテーマにペン教室に通い、

古今東西のヘタ字について考察した

エッセイ。

 

僕も同じようにヘタなので、興味津々で

一気に読了。

 

ちなみにうまくなるコツは、

‘散颪鯀ぶ(著書はぺんてる「エナジュール」。

       僕も買ったけど確かに書きやすい)

∋にメリハリをつける

2室蠅世こそ手間をかける

 

他には、「1日5分自分の名前を書く」

「気持ちよく書く」や、

「文字と文字の間をあまり詰めないで、ちょっと

開き気味に書くと、なんかいい人っぽくなる」

などの番外編もありました。

 

で、僕のビフォーアフターがこれ。

少し変わった?

 

 

 

 

 

 

- | 19:05 | comments(0) | - | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.