圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今日もせっせと本屋へ

で、買ったのは、

 

「還暦からの底力」 出口治明
(基本、自己啓発系の本は興味がないので
買わないけど、著者が出口さんなら別です) 

 

「うつ病九段」 先崎学
(基本、ウツの奮闘記はいろいろと勉強になるので
買います。ましてや人気棋手の本ならなおさら)

 

「拝啓、本が売れません」 額賀澪
(基本、出版裏話系は買います。裏表紙のコピー、
「売れる本」の秘訣策を用い、新作小説を
ベストセラーにするべく奔走した結果までを描く
突撃ルポ、に惹かれて)

 

「心霊探偵 八雲1」 神永学
(今書いてる小説とかぶらないためにも、恐る恐る
買い)

 

 

 

 

 

 

- | 17:10 | comments(0) | - | - | - |
写真家たちの足跡

北九州美術館分館で開催中の
「フジフィルム・フォトコレクション」へ。
フジフィルム創立80周年を記念して展覧会で、
日本の写真史を101人の写真家の代表作を
展示しながら振り返ってみようというコンセプト。 
 

一作ずつなので、作家の醍醐味をどーんと感じる
展覧会ではないが、写真の歴史や写真家たちの
それぞれのアプローチ、ありとあらゆる方向から
攻めて作品を作ってきたということがよくわかる。
個人的には桑原史成の写真をもっと観たいと
思った。
カタログも1000円とリーズナブルなので
おすすめです。

 

 

- | 03:29 | comments(0) | - | - | - |
音楽の力

録画していた情熱大陸を観た。
東京フィルハーモニー交響楽団が
コロナ禍のもと、コンサートを
再開するまでのドキュメントだ。 
 

泣いた。音楽家の気持ちが痛いほど
わかるので、胸が熱くなった。
       

入院して今回しみじみ思い知ったことがある。
それは、音楽の力はすごいということ。
体がきついとき、本でも笑いでもダメだが、
音楽は沁み込む、励ましてくれる。
クラシック、ジャズ、シャンソン、ボサノヴァ、
ラテン、ソウル、フォーク、ロック、歌謡曲、
とにかく好きな音楽を片っ端から聴いた。
そのたびに涙が出た、元気が出た、
包まれた。 
   

僕にはたくさんの音楽家の友人たちが
いるが、彼らに改めて伝えます。
君たちが届けてくれる音は、生きるうえで
絶対に必要です。

- | 19:33 | comments(0) | - | - | - |
早めに退院!

10日退院のところを、あとはリハビリを
するだけだと聞き、申し出て2日間早く
出てきました。
いやー、もう入院はやだ!
さあ、映画でも観に行こうかな。

- | 13:30 | comments(0) | - | - | - |
さあ、明日から入院

というわけで

準備としてまず本屋へ(な、なんでやねん)。

僕が北九州で一番好きなブックショップ
「本のひびき」さんに行き、

 

「文庫解説ワンダーランド」 斉藤美奈子
(信頼している文芸評論家が放つ、解説批評、
だなんて、面白いに決まってる)

「実話芸人」 コラアゲンはいごうまん
(SM女王に弟子入りしたり、彫りしに刺青を
入れてもらったりと、とんでもないチャレンジを
続ける芸人の爆笑体験記。著者のことは全く
知らないけど、この手の体を使った本は
絶対に面白い、はずです) 

本が済めばあとはカンタン。
着替え一式、パソコン、小説、仕事の資料などを
キャリーケースに積め、あとは、うーん、
やっぱり酒飲まない」方がいいよなと
ただ今思案中(笑)。

 

 

- | 19:20 | comments(0) | - | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.