圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
わぁー、まさかバンド時代のビデオが

断捨離にまたトライしてたら、昔の
コンサートのビデオが出てきました。
僕が24歳の時です。
あんまり懐かしいので、写真を撮ってしまいました。
寺地ちゃーん、君のものっけるよ。
彼はちなみに、リードギターをしてくれてました。

 

 

 

 

- | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
つながり寄席、最高
いやー今日の門司港つながり寄席は
贅沢な会でした。
前座さんを始め、師匠たちの落語は
明るく華やかで面白く、手品師という言葉が
ぴったりの、アサダ二世先生の脱力感満載の
舞台も大笑いさせられました。
来年、観山寄席にも出演をお願いしている
林家彦いち師匠にも挨拶できたし、いうことなしです。
しかし、これだけの面子を一堂に揃え、
寄席を開催するというのは並大抵じゃできません。
演芸への愛をひしひしと感じます。
天野さん、お疲れさまでした。
そしていい時間をありがとう。
- | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
見事!「天才小説家の妻」

午前中競馬に熱中し(最近は
未勝利戦に焦点を当てて勝負してます。
今のところ、連戦連勝です)、
昼からは我らが昭和館へ。

上映中なのは「彼の好きなケーキ職人」と
ノーベル文学賞の栄光に隠された
秘密をじわじわと描く「天才小説家の妻」。
おススメは断然こっち。
濃厚な心理劇に最後まで、スクリーンに
釘付けでした。

 

帰りにまた本を一冊。

買ったのは、神田松之丞さんの

「絶滅危惧職、講談師を生きる」

芸人本は欠かせない僕としては、待っていた一冊です。

 

さらに嬉しいことに自宅に帰ったら、

高坂塾の元受講生から、誕生日プレゼントが

届いてました。

TAKEO KIKUCHIのバックでした。

鈴木、ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
よっ、中村座!
いやー、中村座、楽しかった。
今日の舞台を見ながら、
17年前の平成中村座を思い出した。
奇跡的に残り1枚というチケットが取れ、
僕は大阪へ。
                            
「夏祭浪花鑑」の勘九郎さんを堪能し帰ろ
うかと思ったら、なんと夜のサプライズ公演とし、
立川談志の落語もあるという。
もちろん居残り。
家元が選んだのは「中村仲蔵」。並み居る
歌舞伎役者が観ている前でのこの演目。
ちなみに僕の斜め後ろには橋之助さん。
さすがだと思い観てたら、結構トチり、
「あーやっぱりカッコつけるとろくなことないな」
と途中で止め、違う話に(笑)。
                            
さらにゲストに来てた鶴瓶さんにも落語をやらせ、
しまいには客席にいた上岡龍太郎さんも呼び出し、
もちろん勘九郎さんも加わり豪華トークショー。
上岡さんはもう芸能界を引退した身だったが、
談志さんに言われて仕方なく。
                           
どの方のトークももちろん素晴らしかったが、
見事だったのは上岡さん。
勘九郎さんに向かって「あんたの芝居には文句がある。
……チケットが取れにくい」。お客さんこれには大拍手。
さらにトークの途中で「あ、そろそろ私失礼します」
家元「なんで」、「地下鉄が最終でんねん」と言い残し、
さらりと消えた。
                            
……、ということで今日の感慨を、歌舞伎に敬意を表し、
七五調で。
あれから数えて幾星霜、胸に残りし思い出を
滲ませ見つめる花舞台、親子二代の六法にときめき
騒ぐ我もまた、歳を取ったと苦笑い。
か、か、か、か、か。
あ、さあ、さあ、さあ、さあ。
よ、中村屋!
大向こうの高く響くその声に 泣いたカラスもまた笑う。
心躍りし、小倉の一夜。
- | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新プロジェクト始動!

僕には珍しく昨日、今日と仕事の

打ち合わせをして、長年温めていた
企画2本を新プロジェクトとして
来年からスタートさせることに
しました!

 

1本は、天才CG復元師、小林さんと始めます。
内容はまだ内緒ですが、キーワードはアート」。
2本目は、ライターM氏と立ち上げるオフィス。
こちらもまだ秘密だけど、どちらもライフワークとして
取り組むつもりです。

 

ずっと考えたていたことを、二人のおかげで
それぞれ具現化できます。
ご両人、どうぞこれからよろしくお願いします。

 

ちなみに今日買った本は、
「北海タイムス物語」が面白かったので、
作者の増田俊也さんの
「七帝柔道記」、「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかった
のか 上・下」。
どちらも楽しみです。

 

 

 

- | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.