圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
小林泰三講演会、予約スタートしました。

今まで北九州と博多の桜坂観山荘で

二日間やってきましたが、コロナ禍で

残念ながら、今回は北九州のみの開催と

なりました。

こころよく場所を提供してくださった

永明寺さんには、深謝します。 

 

さて今回も、すごいですよ。

2018年に国宝に認定された、

「日日四季山水図屏風」をいち早く

等身大で復元。 

屏風の見方、遊び方を体験してもらいながら

「わびさび」の秘密を解き明かしていきます。

僕もいろんなイベントのプロデュースをして

いますが、小林さんのこの会ほど、知的に興奮

するものはありません。

 

日程は11月8日(日)午後3時から

場所は八幡東区の、永明寺さんです。

料金は3000円。

一回限りの開催なので、ぜひ多くの方に

来て欲しいです。

参加希望の方は、お問い合わせのところに

メールください!

 

 

- | 19:47 | comments(0) | - | - | - |
青春の塊  「僕たちの嘘と真実  Documentary of 欅坂46」

目当ての映画の時間に間に合わず

本作品へ。

以前紅白で観た「不協和音」の

パフォーマンスが心に残ってたので

鑑賞。

 

ビックマネ―をたたき出す、アイドルの一員で

いることの恐怖、不安、おののきに耐えながら

14,5歳の少女が立ち向かってる姿に

惹きつけられた。

 

与えられた楽曲、求められる世界観を

必死で体現しようとする彼女たちは、

「勝ち負け」、「生き残る」、「前を向く」と

まるで遠い昔のモーレツ社員のように

唇を噛む。

 

平手さんというセンターの少女がクローズアップ

されて、物語は進んでいくんだけど、

彼女が「天才」と呼ばれる凄さが、「欅坂」

ビギナーの僕にはよくわからなかった。

 

ただ、彼女たちのパフォーマンスを観て、

僕が率直に思ったのは、かつて見た

「東京キッドブラザース」の舞台とタブったことだ。

 

そこにはまぎれもなく、青春と呼ばれる熱い塊が

あった。

 

 

- | 00:37 | comments(0) | - | - | - |
バカだねー 「喜劇・愛妻物語」

年収50万の売れない脚本家は

妻とセックスもしてもらえず

悶々としてる。

彼の目下の希望は、なんとか妻と

つながりたいということ。

しかしとうの妻は、

「死ね」、「消えろ」、「うざい」と

罵詈雑言の嵐。

小さな娘はそんな二人を見ていつも心配顔。

さてこの家族の行く末は。

 

……というお話。同じ浮き草家業の僕としては

他人ごとではなく、手に取るように夫も妻の

気持ちもよくわかる。

「金がないなら働かんかい」と主役の濱田岳に

突っ込みながら、笑って泣かされました。

 

 

- | 21:56 | comments(0) | - | - | - |
文章に酔いしれる 「ミルク・アンド・ハニ―」 村山由佳

「男の躰の重みなど、とうに忘れてしまった」

という一節から始まるこの小説は、

2009年に刊行された「ダブルファンタジー」の続編だ。

 

人よりも性的欲求が強い脚本家、奈津が男と性を求め

彷徨い、本当の愛に出会うまでを描いている。

性愛がテーマなだけに官能的な場面も多いが、ただの

エロ小説にならないのは、言葉の力の圧倒的な強さに

ある。

 

「自分には持病があるのだ(中略)。男を好きになると、

頭のねじが緩むどころか弾けて飛んでしまう病。恋慕の

情は奈津にとって、甘酸っぱい果実でもなければ、切なく

美しい花でもない。ただの、血に飢えた獣だ」

 

「いつも思うことだが、肉体の快楽は、じつは肉体の

ものではない。躰が感じるのではなく、感じるのは脳で

あり心だ」

 

「熱い肉汁と焦げた醤油の風味が混じり合うのを

味わいながら、さりげなくテーブルので脚を組み替え、

腿の奥のほうに凝った昏い熱をそっと逃がす」

 

……他にもまだ刺さる言葉がいっぱい詰まっている。

改めて小説家ってすごいなあと思わせてくれる作品です。

 

 

 

 

 

- | 05:45 | comments(0) | - | - | - |
さあ、明日からオイシックス!

ガンになって1年が過ぎた。

今のところ体調は大丈夫だけれど、

完全に戻ったが体重と食生活。

体重に関しては、ー12キロだったのに

1年でリバウンド。

主治医曰く、「フツーは太れませんけどねー」

 

さすがにこのままじゃまずいと思い、

オイシックスを注文。

食材とあらかじめ決められたレシピに添って、

ちょっと自炊をするシステムらしい。

 

シングルの僕にはぴったり。

さあ、明日からクッキングだー!

 

 

- | 22:36 | comments(0) | - | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.