圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
うーん、「15時17分、パリ行き」

観山荘でご飯を食べたあと、映画館へ。
選んだのは、クリント・イーストウッド待望の新作。
テロと戦うサスペンスとばかり思ってたら全く違うテイストの映画でした。
名もないけれどきちんと生きて来た普通の人が一番偉いという、

最近の彼のメッセージが究極に表現された作品で、主人公3人を本人たちが

演じるという(実話を映画化)、とんでもない仕掛けがあり、

フィクションとノンフィクションの狭間を描いています。

しかも彼らの演技の見事なこと。とても素人とは思えません。

これも監督の力なんでしょうね。

 

でも残念ながら映画として面白いかと言われたら、僕はうーん、でした。
前フリは長いし、この話を身近に感じている人ならまだしも、

全然知らない僕にとっては、今ひとつのれませんでした。
クリント・イーストウッドの作品は全て観ていて、全部好きでしたが、

これだけは、肩透かしでした。
少なくとも手に汗握るサスペンスは期待しないほうが
いいですよ。

 

- | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1049672
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.