圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
よし、太陽の塔へ

万博が開かれた1970年、僕は
11歳でした。家が貧乏だったので
大阪まで行く余裕はなく、テレビを観ながら、
「月の石見てなんが面白いと」と、嫉妬まじりに
親父と毒づいていたことを今でも覚えてます。
親父はとくに岡本太郎が大嫌いで、「あんな奴芸術家じゃない」と

いつも言ってました。
僕も彼の影響で「変な塔」と揶揄してました。


今年太陽の塔がリニューアルしたことをさきほど録画していた
「日曜美術館」を観て知りました。
内部を見て度肝を抜かれました。
太陽の塔の中がどうなっていたのか、恥ずかしながら僕は今日
初めて知りました。
観てすぐにこれは行かなきゃという衝動にかられました。
調べると予約制になっていて、8月まではいっぱいです。
4か月先までしか予約できないので、9月以降は来月から
受付だそうです。
50年近く経って、多くの人が観たいと殺到する岡本太郎の
「太陽の塔」とは何なのか。
子どものころのねじ曲がった思いは捨てて、もう一度素直に対峙したいと思います。

 

 

 

 

- | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1049703
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.