圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
酔っぱらうとどうして、松山千春?

GW中はどこへも出かけず時々原稿、昼夜お酒の日々でした。
で、気づいたんですが、僕酔うと、なぜか松山千春の歌を口ずさむ、いや、
夜空に向かって吠えるのです。
「時のいたずら」、「銀の雨」、「窓」、「ひとりじめ」
など、次から次に歌が出てくるのです。

 

一応僕、元バンドのボーカルで、今ではクラシックやジャズのコンサートの
プロデュースもやってます。
だとすると口ずさむ歌は、スタンダートだったり、しゃれてる
AORだったりしてもいいはず。
でも、千春。
きっと根が演歌なのでしょうね。

 

まぁ、確かに3年間ほど演歌の作曲家、城賀イサム(「お世話になったあの人へ」、
「夜の訪問者」など)先生について
作詞家修業もしたことがあるので、仕方ないんですけど。
酔っぱらって歌う歌、そこに人間の本質が出るような気がします。

 

- | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1049717
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.