圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
博多珍道中

またアホな僕はやらかしました。
大先輩との約束は氏の事務所に6時ごろ。
僕はこれを6時3分と読み、30分前に地下鉄「呉服町」の
駅に降り(事務所は駅から2分)、時間つぶしに氏も好きな
吉行淳之介の小説を読んでた。
今日の会話は吉行から行こう、なんて思いながら。

時間もいい感じになったので、前もって調べておいた道を
行くが、?、事務所が出てこない。
な、なんでや。10分ほどうろうろするが、わからない。


仕方がないので大先輩に電話をすると、「呉服町の交差点?
あ、すぐだよ。じゃあね、明治通りを天神のほうへ…」と
教えていただき、その通りに歩くが、どうも明治通りじゃない。
時間はさらに15分、20分と過ぎる。
道行く人に7.8人明治通りがどこかを尋ねたらが、
「ごめんなさい、わからない」という。

ふと携帯を見ると大先輩から心配の電話が何度も。
これはいかん。と思って周りを見た時、アホな俺はやっと
気付いたのです。俺がいるのは祇園町の地下鉄の駅だと。
結局50分遅れて、やっと事務所に着き、汗だくだくに
なりながら、平謝りでした。

 

でも氏は優しく受け入れてくださり、「ビールをおいしく飲めるよ。
僕も一滴も水分入れてないから」との言葉に余計に
謝罪。ほんと久しぶりに20代のときのようにドキドキしました。

 

その後は赤ちょうちんの座敷で、映画文学、男の背骨、生き方など、
とにかくありとあらゆる話を面白おかしくしてもらいました。
そしてもろもろ梯子をし、最後に連れていってもらったのが、
軍歌の店「博多アンカー」。
いやー、店全部が軍隊、とくに海軍グッズに溢れていて。
軍服のコスプレも相当数ありました。
 氏はここで、「僕は左翼だけど(笑)、軍歌はいいものが多いんだよ」と
おっしゃって、朗々と歌われていました。

 

実は似たような店が、むかーし小倉にあって、一度入ってみたいと
思ってたと話すと、なんと初代「アンカー」がそこで、
息子さんが博多に移転したとのこと。

 

いやー、いろんなことがありすぎて最高に楽しい夜でした。
矢野寛治大先輩、ほんとうにどうもありがとうございました。

 

濃い〜店、「博多アンカー」

 

- | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1049777
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.