圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
痛切でした。映画「故郷」

山田洋次監督が昭和47年に撮った
「故郷」。NHKBSで鑑賞。
 「家族」、「遥かなる山の呼び声」といわゆる
山田さん三部作、民子シリーズの真ん中の作品。
これまでも何度か観たはずなのに、
あんまり覚えてなくて。
でもいい映画でした。
もしかしたら山田さんの作品で一番かも。
 
 昔漁師をして魚で一杯だった船を
採石場から石を積み、海を埋め立てるために
石を降ろす。
そんななんともいえない労働を繰り返す夫婦を、
 瀬戸内の詩情あふれる風景を見せながら、
 淡々と描いて
 いきます。
 
 夫がいいます。
 「時代の流れとか、大きいもんには勝てないと
いうけど、大きいもんってなにかの。俺たちは
大きいもんの前には何も言えんのかの」
 妻は黙ったまま、船の舵を動かします。
 
 50年近く経った今でも、この言葉は胸に刺さります。
 大きいもんなんかに、絶対に負けん。
 僕の内なるバカが叫びます。

「どっこい庶民は生きている」
  いつもことあるごとに口ずさむ、この言葉を僕は
つぶやきます。

 

- | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1049879
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.