圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
勝新、サイコー!

対談集読了。いやー笑った。勝さんの台詞ひとつ
ひとつに元手がかかってる。
たとえば、...
                             
「裁判所へ行って法廷の扉が開く。
そのとき俺は看守に聞いたんだ。
今日の入りはどうだい?すると彼が
超満員です、って言うんだよ。
超満員なら超満員の出があるしね」
                                                    
「警察に入っていったら、感じの悪い刑事が
手錠掛けないでやるからって言うんだ。だから俺は
掛けたらいいじゃねえか、恩着せがましいとやり返
したりしてね」
                            
「警視庁で取り調べの刑事が、お天道様の下を大手を
振って歩けるような人間になってください。って
言うんだよ。
どっかで聞いたことあるような台詞だなと思ったら、
座頭市なんだよ。
いつも座頭市が言ってた台詞なんだよ」
                                                     

「今の映画見てると、お客にぴょこぴょこ媚びてやって
おいて、お客は入らないんだから、こんなバカバカしこと
はないよ。映画って、もっとツンとして、やっぱりある程度
貴族じゃないと」
                            
                         
「拘置所にいると安心する。今までの人生でこんなに
同じ家に帰ってきたことないもん。出る時間も同じで
帰ってくる時間も同じ。あそこに入ってるときはカネも
使わないし、家賃はないし、食べるもんはタダだし、
あんないいところはないよ」
                           

もっと勝さんの出る映画観たかったなぁ。

- | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1049934
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.