圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
楽しすぎる!「オーケストラがやってきた 1」

番組が始まったとき、僕はまだ13歳
(1972年スタート)だったので...
よくわかなかったけど、こんなにスゴイことを
やってたんだと心躍りました。
                       
とにかくウソ―というシーンがいっぱいなのです。
たとえば、
                                
世界的ヴァイオリニスト、イツァーク・パールマン
がラグタイムを小粋に弾き、小澤と直純が
なんとピアノの連弾。
                              
小澤が「赤とんぼ」を歌いながら指揮。
                               
著名ピアニストで指揮者のクリスト・エッシェンバッハが
ブラームスの「ハンガリー舞曲」5番を演奏するんですが、
これがまた凝っている。

まず小澤の指揮でエッシェンバッハと直純が
ピアノを連弾、次に直純の指揮で小澤とエッシェンバッハ
が連弾、最後にエッシェンバッハの指揮で小澤と直純が
連弾するんです。
                             
他にも直純作曲、遠藤周作テキストによる組曲
「踏絵」などシリアスなシーンもあり、ほんと
見どころがいっぱいです。
これを約50年以上も前にやってたなんて、いやー
脱帽です。
                              
これからのコンサート企画のネタもとに(笑)、させて
いただきます。
                             
あー、あと3本観られると思ったら、わくわくしてきます。

 

 

- | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1049943
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.