圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
クリント・イーストウッド、さすがです。
いつものように映画館へ。
今日選んだのは、「運び屋」と
「ローマ」。
ローマはアカデミー賞も受賞するほど評判高いけど、
1970年年代を舞台にした移民たちの物語を
淡々と描いたもので、なかなか感情移入できずに
終わりました。
良かったのは、クリントイーストウッド主演・監督の
「運び屋」。
87歳の彼が実在した90歳の運び屋を演じる凄み。
あえて老醜をさらしながらの演技は見事のひとこと。
人生100年時代と言われた今に、イーストウッドが
伝えてくれたのは、「人生いくつになってもやり直せる」
ということ。
ユーモア、ほろ苦さ、哀愁、そして痛恨。
全てを魅せてくれる映画でした。
- | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1049955
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.