圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
人柄が作り出す、すわ親治の笑い

少し長くなりますが、すわさんのことについて
書きたくなったので。
                             ...
僕がすわさんと会ったのは、彼がまだ
「ザ・ニュースペーパー」という政治や社会を
風刺するコントグループに在籍していたころだ。
もう二十年ほど前になるだろうか。
僕は当時、そのグループのお手伝いなどをしていた。
すわさんのことは、もちろん「8時だよ全員集合」
世代ど真ん中の僕は知っていたが、
「ザ・ニュースペーパー」の中では少し異色の
存在だった。
社会性というよりは、ドリフの笑い、シンプルに
ただおかしいといった芸風だったので、グループの
ファンには拒否反応を示す人も多く、アンケートに
「ひねりもなければ深みもない」なとど書かれていた。
                              
一緒に酒を飲んだとき、すわさんが苦笑しながら
そのことを語ってくれた。僕は大笑いし、
「いいじゃないすか。それキャッチコピーに
しましょうよ。
中途半端な反骨精神よりバカバカしい方が
かっこいいっすよ」と盃をあわせた。
                             
比喩ではなく、ほんとに、すわさんの芸はバカバカしい。
三歳のTシャツを気合で着る、
白装束の武士姿で切腹を
しようと出て来て、刀が腹に少し当たっただけで「痛ーい」とつぶやく。
虚無僧姿で尺八を手にし、いつまでも吹かず、
最後にてぬぐいで拭いて暗転。
そして極めつけは、工事現場などで土砂を運ぶ三輪車を
女性に見立て、タンゴを踊るというダンス芸。
かの永六輔氏がそれを見て大笑いしたあとで
「で、すわくん、それがなんになるの」といったという
バカバカしさの極致。
                              
僕はその芸に感動して、初めて脚本を書き、
プロデュースをした「千年火」(瀬木直貴監督)と
いう映画で、すわさんのダンス芸をスクリーンに刻んだ。
ストーリーとは全く関係のない展開に、
当初監督は「これなんのシーン?」と首をひねっていたが、
「笑いがここであると映画の息抜きになるから」などと
答え、無理やり納得してもらった。
                             
さて映画も出来上がり、試写会が東京で行われた当日、
すわさんから電話をもらった。
「今見てきた。まさかあんな大きなスクリーンで
自分の芸がすべて映るとは思わなかった。
とても嬉しくて、いま、公園のブランコに乗って
ワンカップ飲んでる。
高坂さん、ありがとう」
                                   
この映画はいろんな賞もいただき、海外でもたくさん
上映されたけど、これほど嬉しい褒め言葉はなかった。
不器用だけど優しくて、
「ひねりもないし、深みもないけど」、あったかく、
子どもからお年寄りまで腹を抱えて笑える
ザ・芸人。
それがすわ親治です。
                              
そんな彼のコメディショーを桜坂、
観山荘別館でやります。
ぜひ彼の見ても何の役に立たない(笑)、
でも笑いだけがいつまでも残る芸を
どうぞ体験してみてください。

 

- | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1049970
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.