圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
北九州で一番好きな書店、 「本のひびき」さんへ

何度も書いてますが、荒生田商店街にある
この本屋さんは、僕のツボを...
刺激します。
今日買ったのは、
                               
「出会い系サイトで70人と実際に会って
 その人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」
 花田菜々子
(このタイトルがまずいいでしょ。僕の夢は、小さな応接室
 みたいな店で、お客さんの悩みを聞き、その方にあった
 本を薦める。それが仕事になったらなんていいんだろうと
 いつも夢想してるんですが(本屋さんではないのです)、
 この本にはそんな空気感が漂うのです)
                             
「東京物語」と小津安二郎
 なぜ世界はベスト1に選んだのか  梶村啓二
(何十回観たかわからない僕のベストムービーなので、
 東京物語、小津に関しての本は必ず買うのです)
                             
「名作うしろ読み」 斎藤美奈子
(一番信用している文芸評論家。だから彼女の本も
 すべて買ってます)
                              
「安井かずみがいた時代」 島崎今日子
(加藤和彦とのコンビ、名曲の数々。ほんとの意味で
 都会の詩人というのは、こういう人のことを
 いうんだろうなとずっと思ってきたので、この本は
 嬉しい)
                             
 で、新コーナー、買わなかった本。
 小林信彦著「生還」
(脳梗塞からの生還。あたらしい闘病文学。という帯には
 魅かれたし、「日本の喜劇人」をはじめ、著者には笑い、
 映画、ほかエンタメについていろいろ教わった作家なので
 買おうと思ったんですが、本の厚さに比べ2千円は
 うーん、少し高いかな。1600円だったら買ったけど)

 

 

 

 

- | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1049976
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.