圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
さあ、今夜は高坂塾

今回は井上荒野の「切羽へ」を
取り上げ、行間を読む、書くというのは
どういうことかを勉強したいと
思います。

日本文学史もひもときますよ。

 

ちなみに「切羽へ」はこんな小説です。

 

かつて炭鉱で栄えた離島で、小学校の養護教諭で
あるセイは、画家の夫と暮らしている。
奔放な同僚の女教師、島の主のような老婆、
無邪気な子供たち。
平穏で満ち足りた日々。ある日新任教師として
赴任してきた石和の存在が、セイの心を揺さぶる。
彼に惹かれていく―夫を愛しているのに。
もうその先がない「切羽」へ向かって。
直木賞を受賞した繊細で官能的な大人のための恋愛長編。

 

 

- | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1050010
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.