圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
柳家喬太郎師、インタビュー
僕が編集長をやっている
文化情報誌「趣人」で、喬太郎師匠
にインタビューした記事が、出てきたので、
ご紹介します。
少し長くなりますが、面白いので
読んでみてください。
                             
Q 落語を好きになったのは

 
そうですね、本格的に聞き始めたのは中三ぐらい
じゃないですかね。
その前も、特別好きというわけじゃなく、世間一般
と同じくらい。
小学校の時から演芸番組はよく観てましたが、
今の子どもがお笑い
観てるのとおんなじ感じでした。
                             
Q 卒業して就職されましたが、落語家になると
  いう選択肢は?
 
いや、落語家になる気はなかったですね。
落語で飯を食えるわけないと思ってたし、好き過ぎ
たんじゃないっすかね、
若干揺れなかったわけじゃないんですけど、
畏敬の念が強かったんだんでしょうね。
それに書店員になったんですが、なんでもいいから
就職したわけじゃなく、
好きな仕事だったので満足もしてました。
                             
Q それがどうして落語家へ

 
書店員の仕事も好きでしたが、やっぱり噺家に
なってみたいという思いが強まったということ
じゃないですかね。

 
僕は大学生の時に銀座にあった「椀や」という
飲み屋でアルバイトしてたんですよ。
そこは毎週土曜日落語会をやってるとこなんですが、
落語協会が番組作ってたんで前座、二つ目、真打と
毎回三人来て、真打もかなりいい師匠が、
小さん師匠とか小三治師匠とかもちろん来たし、
うちの師匠(さん喬師)も当時まだ四十ぐらい。
それで落研でバイトなんかしてると、当時の前座さんが、
やっぱり前座って下が欲しいんですよね。

 
上にあがりたいから。それで「あんちゃん、
噺家にならないの」っていうから「絶対になりません」(笑)って
いってたんですよ。
「じゃならないのはわかったけど、仮になるとしたら
誰がいい?」「さん喬師匠ですかね」っていったら、
噂がすぐ広まっちゃったらしいんですよ。
それでうちの師匠の耳にも入っちゃって。
それから三年経って、僕は弟子入りをお願いしたんです。
だから行ったときには、「ああ来たか」という感じでした。
断れることもなく、「ああ、しょうがねえかな」という
感じだったんじゃないっすかね。
                               
Q 弟子入りしたときに師匠からいわれた言葉があったそうですが

 
「お前はゼロじゃない、マイナスからのスタートだ」と
 いわれました。
                             
Q それはどういう意味ですか

 
落研やってた時代の垢を落とさないなきゃダメだ、
ということですね。
変な口調に固まってるんですよね、やっぱり落研って。
一番いいのは何にも知らずに入ってくることですね、
噺家になるのは。
あんまりなんにもないのを一から仕込むのも大変だけど、
- | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.kousaka-kei.net/trackback/1050045
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.