圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
イザベル・ユペール怖いね。「グレタ」

今日見たのは、サイコミステリー。
「ELLE」で強く怖い女を演じた
彼女が、今回も、サイコパスな
ストーカーを演じてくれます。
一癖も二癖もある、けれどキレイ
で、奥底にどうしようもない哀しみを
抱えてる女を演じさせたら、 イザベルの
右にでる女優さんはいないんじゃないかな。

 

先日は、「ねじれた家」と「天国でまた会おう」
を鑑賞。
今日で終わりなので、DVDで観てもらうしか
ないけど、おすすめはなんといっても
「天国」。


戦争で顔半分を失った仮面の男と戦友、そして
身寄りのない女の子三人が、国の金を盗むという
ストーリー。
こうして書くと痛快娯楽劇のように聞こえるが、
これがなんともファンタジックでせつなくて
なのにユーモアもあって、映画でしか観られない
魔法のようなシーンがいっぱいの一本です。
ぜひ観て欲しい。

 

映画館の帰りは本屋がセット。
今日買ったのは、保守論壇からデビューした
古谷経衡(ふるや・つねひら)が自らの体験を
ベースに描く、保守系言論人のドタバタ悲喜劇、
「愛国商売」。
半分まで読んだところですが、これが面白い。
情けない保守言論人の底の浅さが痛烈に描かれて
います。

 

 

 

 

 

- | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.