圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
いやはや、まいりました。「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎

首相暗殺の濡れ衣を着せられた
主人公が、警察権力からひたすら
逃げるさまが、切なくも美しく
「頑張れー」と応援したくなる物語。

僕は上から目線でものをいう人に会うと
ケンカをしてしまうという悪い癖があるんですが(笑)、
まさしくこの小説は、そういったものに対して
中指を立てている。

そのスタンスがとても気持ちよく、
最後まで楽しく読ませてもらいました。
それにしても、伊坂さんは稀代の
ストーリーテラーなんですね。

第三の新人の小説、吉行淳之介や安岡章太郎を
何よりも一番好きな僕としては、
話が面白すぎると少し白けてしまうという
変な文学癖があるので、物語に乗っかるまで
ちょっとだけ時間がかかりましたが、
この作家は読まないともったいないですね。

はい、すぐに次の「重力ピエロ」に取り掛かりまーす。

 

- | 02:28 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.