圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
名作です。「私が愛した渥美清」 秋野大作

寅さんファンの僕としては、渥美さんに関する本は
相当数読んできましたが、これほど愛情の溢れた
エッセイは初めてでした。
 

大好きなテレビドラマ「俺たちの旅」で情けない
サラリーマンを見事に演じていた秋野大作さんは、
寅の舎弟、登役で「男はつらいよ」にも何度も出演
されています。
そんな秋野さんでなければ見られなかった渥美清の
素顔が、見事な筆致で紹介されているのです。

たとえば……
 

秋野さんがテレビでの芝居に悩み(彼は俳優座出身)、
うまく演じられないとき、
渥美清は落ち込んで休憩をしている秋野の後ろで
鼻歌のようにへんな調子をつけてつぶやいた。
「テキドノォー、センストォー、リカイリヨクオ〜、
モッテェ〜、ナガレルヨウニ、ナガレルヨウニ〜」
 

肺病で入院し死を間近に見つめた渥美清に
秋野は意を決して尋ねた。
「病気になって人生観は変わりましたか」
渥美清は、とたんに、「グヘッ」と汚物を吐くような
声を発し、下からジロリと秋野を見て、低い声で言った。
「ンナコタア、アルワキャネェダロ、バアカ」
 

寅さん撮影の合間に何度も渥美清がつぶやいた言葉。
「山田洋次監督はインテリだから……」
 

などなど、他の本では見られないエピソード、
山田洋次監督の人となりにも痛烈な記述もあり、
いやー一気に読み終えました。
 

寅さん、渥美清ファンはもちろんのこと、
芸能に関わる人は必読の一冊だと思いますよ。

 

 

- | 10:00 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.