圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
散歩の途中で、またまた古本屋。

ここ1週間ほど面白い本に
めぐり合わず、また物色。
で、買ったのは、
 

「抱く女」 桐野夏生
(以前読んだんだけど、手元になかったので再購入。
裏表紙の紹介文がなかなか秀逸なのでご紹介)

女は男の従属じゃないー。
1972年、東京、吉祥寺。
ジャズ喫茶でアルバイトをする大学生の直子は、
傷つけられ、社会へ憤りを感じながら、同時に
新左翼とウーマンリブにも疑問を抱いていた。
閉塞感の中、不意に出会ったドラマー志望の男との
恋にのめり込んでゆく……。
泡のごとき友情。胸に深く刻んだ死。彷徨する魂の行方。
まだ何者でもなかった頃のあなたに捧ぐ、永遠の青春小説。
 

「ナニカアル」 桐野夏生
(軍政下の女流作家、林芙美子を描く。これまで
二度ほどトライしたんだが、なぜか最後まで読めず
みたびの挑戦。島津清恋愛文学賞、読売文学賞W受賞)
 

「流浪の月」 凪良ゆう
(今年度の本屋大賞作品が早くも古本に。楽しみ)

 

- | 16:11 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.