圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
自粛ってほんとに必要なの?

実はこの疑問を僕はずっと持ち続けている。
なんで自粛しないといけないのか、
納得のいく答えを専門家会議からも
政府からも聞こえてこない
からだ。
 
毎年交通事故で負傷する人は50万人いる。
でも誰も外に出てはいけないとはいわない。
コロナの患者数は微減とはいえ、減っている。
なのに外に出てはいけないという。
うーん、わからない。
 
僕はわからないことがあると、いろいろと調べて
自分なりに、大した答えじゃなくても理解できるまで
考えるようにしている。
もともとがバカだからだ。
そして今回いろいろ調べていくうちに、
去年の10月18日に行われたニューヨークの
ある会議のことを知った。
 

会議の名は、ジョンズホプキンスセンター・
フォー・ヘルスセキュリティーが主催し、
ビル&メリンダゲイツ財団、世界経済フォーラムが
共催した「ENENT201」だ。
 
この会議に参加していたのは、
・ビル&メリンダゲイツ財団
・国連基金
・世界銀行
・ジョンズホプキンス
・ジョンソン&ジョンソン
・元国家安全保障担当次席大統領補佐官
・CDC(アメリカ疫病予防管理センター)
・中国疫病予防管理センター(CCDC)
・シンガポール金融管理局
・UPS財団
・ANZ銀行
・ルフトハンザドイツ航空
・マリオット・インターナショナル
・エデトマン(世界最大の広報会社)
・ヘンリーシャイン(医療) 

そしてここで話されたのは、コロナ渦が
発生したときのシュミレーションだ。
ブラジルの豚から、コロナウィルスが発見され
全世界へと広がるとこから始まり、
 
(1)テレワークの推進
(2)食糧や医薬品の買い占め
(3)外出規制によるビジネスの停滞
(4)倒産の続出
(5)人や物資の往来の規制による経済の崩壊
(6)パンデミックへの不安と政府への不信の増大
(7)労働者、CEO、国家主席など、あらゆる階層に被害と
  影響が及ぶこと

が全世界で行われることを想定している。

これは何を指すのだろうか。
ビル・ゲイツはすでにワクチン開発の生産ラインを
作った工場も稼働させているという話も聞いた。
   
さらに遡ると、1992年に国連会議で採択した
「アジェンダ21」という行動計画も知った。
これは、
 
(1)国家を廃絶し、世界統一政府を樹立する
(2)地球の人口を大幅に削減する
(3)私有財産を否定し、財産を没収する
(4)あらゆる宗教は廃止する
(5)教育は最低レベルに抑制する
(6)子供は家庭から国家が没収する
(7)居住の自由の権利は廃止する
(8)政府命令により強制移住を行う
(9)いかなる反対運動も厳しく処罰する
(10)資源、企業は国家が管理する

 
というものだ。
ここまでは陰謀論ではない、事実の話だ。
ここからは僕の邪推。
アジェンダ21の行動計画のもと、去年世界の
エリートたちが集まり、コロナウィルスの
シュミレーション会議が行われたとしたら、
どうだろう。
 
コロナウィルスが簡単に収まっては困る人たちが
いるのではないか。
だから……自粛。
 
まさか。そんなこと、あるわけないよねー。

- | 15:46 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.