圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
気が付けばいつも拓郎がいた。
肺がん手術後の吉田拓郎の
ドキュメントを観た。
57歳の頃だ。
自分がガンになり、余計に
拓郎の不安や恐怖がわかる
だけに、他人事と思えない。
       
15歳の時だった。
ラジオから流れる「私は今日まで生きてきました。
時には誰かの力を借りて」というフレーズを
耳にして、僕の中に電流が走り、
布団から飛び起き、「これだ!」と叫んだ。
あれから45年。
ことあるごとに拓郎の歌に励まされ、涙した。
    
そして今日はこの歌に揺さぶられた。
僕にとって唯一無二のシンガー、それが
吉田拓郎だ。 
   RONIN  
            詞曲 吉田拓郎 
 
あの女の柔肌 に あの女の黒髪に
あの 女の唇に あの女の囁きに
思いをはせていればいい それだけでいい
We are the Ronin Ronin in 1 9 8 5
我が友の苦しみに 我が友のあがらいに
我が友の喜びに 我が友のせつなさに
心がゆれていればいい それだけでいい
We are the Ronin Ronin in 1 9 8 5
Ronin Ronin in 1 9 8 5
この国のいらだちを この国のはかなさを
この国の見る夢を この国に昇る陽を
静かに眺めて居ればいい それだけでいい
We are the Ronin Ronin in 1 9 8 5
Ronin Ronin in 1 9 8 5
 
やすらぎの無い旅を終えた 見知らぬ若者よ
愛に飢えた“獣”の様に 牙をむかないで
今日からお前の体は お前自身のものだ
今日からお前の心は お前の体に戻るさ
もう争わないで もう戦わないで
そう 自由の風に酔え
そう 全てを解き放て
 
若すぎる激しさが 若すぎる悔しさが
若すぎるもどかしさが 若すぎる美しさが
その目に焼きついていればいい それだけでいい
We are the Ronin Ronin in 1 9 8 5
Ronin Ronin in 1 9 8 5
- | 20:41 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.