圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
落語のこと知りたいという人は必読! 「教養としての落語」 立川談慶

僕みたいなものにも、時々
落語のことを教えてほしいと言ってくる人がいます。
プロや目利きの多い世界、恐れ多いと、
そのたびに断ってきたんですが、
これからはこの本を紹介します。 
 
 
難しいことは易しく話せる人を、本当の知識人と呼ぶと
僕は思っています。
残念ながら亡くなりましたが、狂言の野村万之丞さんの
「日本文化と西洋文化の違いは、ウルトラマンと
スーパーマンの違い。ウルトラマンは飛び立つときに
いったん腰を落とし勢いをつけて飛ぶ。
スーパーマンはそのまま。日本文化は腰の文化」と
いう話を飲みながら聞いたときは、感激しました。
  
   
尊敬するCG復元師、小林泰三氏の
「狩野派は、ゼネコン。
大量発注を受け入れられるだけのマニュアルを作ってきた」
という解説も忘れられません。
 
 
談慶師匠も同じ知性の持ち主です。
演目「寿限無を「我が子に長生きして欲しい」と
願いが強すぎるあまりに起こる喜劇。
「まんじゅうこわい」を「人間とは、やっぱり共感の
動物なんだ」を再確認できる、珠玉の名作。 
 

「居残り佐平治」でコミュニケーション能力を学べる。
部下ができたら知っておきたい「百年目」。
「ねずみ穴」をベンチャービジネスを描いた作品。
ブランディング力を知るには「猫の皿」と、
その編集力、翻訳力は見事です。 
 

噺家の感性とビジネスマンの常識を併せ持った
師匠が書く本です。なるほど売れてるのがよくわかります。
おすすめです!

 

 

- | 18:27 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.