圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
軽やかで深い一冊。 「いつも同じお題なのになぜ落語家の話は面白いのか」  立川談慶

タイトルにまず惹かれました。
うまい、ですよね。
「ほんと、ほんと、なんでだろう」と
身を乗り出してしまいます。
 
仕事柄、人様に出演をお願いしたり、
プロジェクトのプレゼンをやったり、
コミュニケーションがすべての基本みたいな
生活をしている僕にとって、これまでも相当数
会話術の本は読んできましたが、この本は
さすが現役の噺家さん、軽やかで読みやすい
語り口の中に、なるほどと深くうなずく
深い真実がたくさん散りばめられています。
 
独演会を開けるのは落語家の名誉。
けれどそこだけに満足していては志が低い。
一般の人にもこの「独演会名人」が増えて
いるのではないか。
「同世代とは上手く話せるが、年上や異性に
はうまく話せない」という人が多くなって
いるのではないか。
 
いやー卓見です。
もうひとつ僕が感じ入ったのは、
「聞く能力が高い人は攻めるように聞く」と
いう指摘。
聞き上手というと受け身=消極的という
イメージがあるが、それは違う。
「偉大なる発信者は偉大なる受信者である」
師匠談志がそうだった。
凡人のようにただ漠然と聞き流すという
消極的な姿勢ではなく、
「そこから発信者の本質や裏側の闇、尖って
いる部分などプライスマイナス一切合切を
すべて吸収してやるという気迫に満ちた
積極的な姿勢だった」 
 
それを踏まえたうえで著者は、
「会話は、結論を求めるためにあるものではない。
会話で大事なのは、スマッシュではなくラリーだ。
むしろ一番大事なのは、相手にスマッシュを打たせる
ことだ」と記す。
 
見事です。
ではどうすれば「独演会名人」から脱却できるのか、
聞く能力を高めるにはどうしたらいいのか、
この後、目からウロコの会話術が丁寧に書かれて
あるんですが、それはぜひ買ってみて(笑)。 

 

立川談慶。
追いかけていきたい作家さんがまたひとり
現れました。

 

- | 05:55 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.