圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
拝啓 小池百合子さま

今日私は、石井妙子著「女帝小池百合子」という
本を読み、人生を物語として紡ぐあなたの力に感動
しました。
世間ではそれを虚偽などとバカげた言葉で非難する
輩もいるみたいですが、笑止千万です。
私も「物語プランナー」というあやしげな仕事を
していますが、あなたの力には足元も及びません。
 
 
坂の下の線路脇の家に住みながらも、芦屋令嬢と信じ
社会的に著名な人に押しかけ縁を結んで取り立てて
もらおうとする父と、娘を着飾らせる母のもとに
育ったあなたが、小学校5年のときの弁論大会で、
「ウソも方便」といタイトルで優勝したのは見事の
一言です。
 

カイロ大学を選んだセンスも素晴らしい。
たとえお父様が日本アラブ協会の一員でコネクションが
あったとしても、たったの4年間でしかも首席で卒業し
たなんて信じられないくらいです。
 

信じられないといえば、当時カイロであなたと一緒に
暮らしていた女性が、あなたが進級できずに帰国した際、
日本の新聞に「カイロ大を首席で卒業した才媛」という
記事を見つけ驚き、再会したときに「百合子さん、
これって……。そういうことにしちゃったの?」と
聞くと、「うん」といたずらっ子のように目を輝かせた
という話もありましたが、そんなことはあなたにとって
些末なことなんでしょうね。さすが、です。
 

人間にとって大事なのは前を向くこと。あなたはカイロ
大卒という類まれな学歴を武器に、テレビキャスターに
なり、さらに日本新党から出馬し、国会議員になりました。
党首の細川氏を絶賛し党の顔に。けれど細川氏が失脚し、
小沢氏が新進党を作った際には、彼に歩み寄ります。 
    
次に新進党が保守党に変わり自民党と組んだときは、
政務次官に就任し(本当は外務大臣を熱望していたので
ご不満だったようですが)、自由党が分裂すると保守党を
経て、自民党に移籍。今度は小泉首相を選び、環境大臣に
なり初入閣。
いやー、この転身ぶり、「機を見て敏」。政治家にとって
最も大事な素質ですよね。

著者の石井氏も書かれていますが、「強者に憧れ、自分も
強者でありたいと願い、蜘蛛の糸を見つけては上がっていく」。
そんな生き方を私は心から尊敬します。
 

ただし、阪神大震災の被災者である芦屋の女性たちが
窮状を必死に訴えた時、指にマニュキュアを塗りながら
応対し、「もうマニュキュア塗り終わったから帰って
くれます?私、選挙区変わったし」と告げたのはまずかっ
たですね。
またガムを噛みながら応対したり、インタビュー中も
祝儀袋に自分の名前を書く作業を止めず、
「ぐもーん(愚問)」、「はあ?それ私に聞くの」
と言い、まともに応じなかったのも感心しません。
まだSNSなどない時代だから広がらなかったものの、
ファンのひとりとしてはとても心配ですので、これからは
くれぐれもお気をつけください。
 

何しろあなたは日本初の女性総理になるかもしれない人
ですから。
ひとつだけ悔しいことがあります。それはいろんな輩が
本当にカイロ大学を卒業しているのなら卒業証書を
見せろと騒ぎ立てるのに、あなたが一向に拒否している
ことです。もったいない。

せっかくカイロ大学学長から「小池百合子氏はカイロ
大学を卒業したことを表明します」という手紙が著者に
送られてきたのですから、堂々と証書を見せてあげて
ください。
たとえ日本からエジプトには2016年度までの累計で、
1580億円の多額のODAが投入されていることもあり、
学長といえども政治家には逆らえないという背景があった
としてもです。私はあなたを信じています。 
  

コロナ渦騒動が落ち着いた際には、得意の記者会見を
開き、弁舌爽やかに「卒業証書」をお見せください。  
その日を心よりお待ちしています。 
   

                WITH百合子

                   高坂圭

 

 

- | 01:41 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.