圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
昨日のM1

お笑いと音楽は聞く年齢によって
確実に違ってくる。笑える、ノレるものが変わってくるのだ。
昨日のM1、僕が本気で笑ったのは
「千鳥」だけだった。
それがどういうことだったのか、気に入りのウィスキー...
ニッカ12年を飲みながら、考えてる。
落語や演芸のプロデューサーをやっている僕としては
大事なことなのです(笑)。
僕が本当に面白いものはなにか、次の段階がきている
ような気がします。って真面目か(笑)。

- | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ジョンレノンの名言

ジョンレノン、レクイエム、今終了!
馴染みの友人は
 もちろんですが、もっと多くの人に来て欲しいと
店の前の黒板に、レノンナイトの告知をしていたら、
 20代のカップルが来てくれました。
 
僕は今日のために、彼が暗殺された日がどうだったかを
記したレポートと残した名言を、作って来てたんですが、
さすがに暗殺はきついだろうと思い、名言集をコピーし
 て渡してあげました。
なんだか微妙な顔してたけど。

折角なんで、ここに記します。
 
 人の言うことは気にするな。
 「こうすれば、ああ言われるだろう・・・」
こんなくだらない感情のせいで、
どれだけの人はやりたいこともできずに死んでいくのだろう
好きにすればいいよ。君の人生なんだから

 

結局 あなたが受け取る愛はあなたが与える愛に等しい

 

ビートルズのメッセージがあるとすれば
泳ぎ方を学べということ。それだけ!
そうして泳げるようになったら、泳ぎなさい。

 

みんな自分以外の何者かになろうとして多くの時間を費やすけど、
そんなことをやってると酷い病気になるような気がするな

誰でも自分の小さな檻の中に閉じこもろうとするだろう?
居心地のいい小さな箱にね。
でも時には他人にそのくだらない小箱をこじ開けてもらって、
違う考え方を取り入れるようにしてもらわなきゃいけないんだ。

 

 

相手がどう反撃していいか
わからないような戦法で、ぼくは権力と戦いたい

 

ビートルズは、ほしいだけの金を儲け、好きなだけの名声を得て、
何も無いことを知った

 

 

- | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
嗚呼、ジョンレノン!

今日はジョンレノンの命日なので
それぞれの思い出のアルバムを持ち寄って、
彼を偲ぶ会をやろうと
思っています。
僕が持参するのはこれです。

 

- | 04:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小さな運は、あるんだけどなぁ。

これまでも小さな運だけはあると
書いてきました。
たとえばセブンイレブンのくじが...
6回中すべて当たったり、こんなことは日常
茶飯事なんです。
                             

今日も、馴染みのジャズ喫茶でランチを食べていたら
隣に眼鏡屋さんの店長。
僕はそこで一山いくらの安い老眼鏡を買ってたんですが
そろそろちゃんとしたものが欲しいと思い、
でも値段を聞いたら買わなきゃいけなくなるし、
我慢してたんですけど
さすがにそれも大人げないと判断。
                             
「老眼鏡っていくらぐらいから作れるんですか」
清水の舞台から飛び降りた心境(古いね)聞いたら、
「11000円ぐらいからですよ」
(なーんだ、そのくらいなら)と思った時、
カウンターでママから、「今中央町でガラガラ抽選会
やってるから、これあげる」と突然の抽選券プレゼント。
「あ、そう」と軽く受け取り、抽選所に向かったら
これがなんと一等賞。1万円の商品券プレゼント。
確率からすると、1000本に5本だって。
                             
当然そのまま眼鏡屋さんに行き、ほとんどただ当然で
眼鏡をゲット。その間、3分。
店長は僕の腕をじっと握り、「運ちょうだい」と
細い声でささやきました。
                            
でも何度も言いますけど、これ自慢じゃないんです。
小さな運しかないんです。

- | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
もっとラディカルに!

北九州市立美術館分館で開催されている
「1968年激動の時代の芸術」に行ってきました。
久し振りに横尾、宇野、赤瀬川各氏のポスターを観て、
その凄み、色褪せないパワーに脱帽!

 

あの頃のアーティストたちはきちんと怒ってたんだなぁ
としみじみ。
反省。もっと自由に、もっとラディカルに。

 

 

- | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.