圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
先輩アーティストへ贈った、ラップ

僕の尊敬する先輩アーティストから突然メール!
「僕の人生をラップにしたい。圭ちゃんイメージした
言葉あったら書いて」

 

ちょうどそのとき、年内に終わらせようとしている
小説を書いていて、正直あまり余裕はなかったんだけど、
物書きのサガなのか、先輩に応えたいと思ったのか、
そっちのほうに頭がいってしまい、まぁ、言葉遊びみたいなもんですが、

とりあえずワードを書いてみました。
折角なので(何が?)、記します

 

 ジジイはマジ 世間のヤジ まとめて火事 燃え尽くせ
 ジジイは風  自由な風  はびこるエセ 吹き飛ばせ

 

 己の人生語るより キャンバスに俺を刻み たい
 上から目線のバカどもに はびこる日本の サルどもに
 BYE BYE GOODBYE BYE BYE   GOODBAY
 金じゃないばい 理屈じゃないばい 
 BYE BYE GOODBYE BYE BYE   GOODBAY
 &HELLO FRIDAM

 

 ジジイはマジ 世間のヤジ まとめて火事 燃え尽くせ
 ジジイは風  自由な風  はびこるエセ 吹き飛ばせ

.

- | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
芸人フェチの僕は

彼らが頑張って芸を
披露している姿を見ると、笑った後、
泣いてしまいます。

 

今日も、M1、2017のVと、さんまさんに
絡んでる女芸人の姿を見て涙が出てきました。
困った癖だなぁ。

- | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
誕生日ランチ

高坂塾の元受講生が、誕生日ランチをご馳走してくれました。
一か月遅れなんですが(笑)、嬉しい招待でした。

 

 

- | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
昨夜は最強ジャズトリオに感激!

広島からやってくる、ゆみゆみトリオ。
中央町のジャズ喫茶
「ペントハウス」では月に一度
プロのライブが行われるんですが、
彼らの演奏は断トツです!

キレキレッとクールな演奏と、振れ幅の大きい音楽性、
しかもイケメンのトランぺッター、河村貴之。
全身から音がほとばしる情熱的でしかもリリカルな
ピアノを聞かせてくれる、ゆみゆみ。
深みのあるビートを弾き、きっちりと二人を支える
ベーシスト、山本優一郎。

お客さんは10人ぐらいだったんですが、いやーこの
素晴らしい演奏を聴くにはもったいない人数。
日本でも有数のトリオだと思いますよ。

彼らのもうひとつの顔、それは広島カープの応援歌を
ジャズアレンジした「カープジャズ」のメンバー。
このCDも売れてますよ!

 

 

 

- | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
痛切でした。映画「故郷」

山田洋次監督が昭和47年に撮った
「故郷」。NHKBSで鑑賞。
 「家族」、「遥かなる山の呼び声」といわゆる
山田さん三部作、民子シリーズの真ん中の作品。
これまでも何度か観たはずなのに、
あんまり覚えてなくて。
でもいい映画でした。
もしかしたら山田さんの作品で一番かも。
 
 昔漁師をして魚で一杯だった船を
採石場から石を積み、海を埋め立てるために
石を降ろす。
そんななんともいえない労働を繰り返す夫婦を、
 瀬戸内の詩情あふれる風景を見せながら、
 淡々と描いて
 いきます。
 
 夫がいいます。
 「時代の流れとか、大きいもんには勝てないと
いうけど、大きいもんってなにかの。俺たちは
大きいもんの前には何も言えんのかの」
 妻は黙ったまま、船の舵を動かします。
 
 50年近く経った今でも、この言葉は胸に刺さります。
 大きいもんなんかに、絶対に負けん。
 僕の内なるバカが叫びます。

「どっこい庶民は生きている」
  いつもことあるごとに口ずさむ、この言葉を僕は
つぶやきます。

 

- | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.