圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
岩合光昭さんの写真展、「世界ネコ歩き」

美しい風景と可愛いネコたち。その一瞬を、見事に捉える確かな技術。
この写真を嫌いな人は滅多にいないでしょう。
でも僕、途中でお腹いっぱいになっちゃいました。
どうやら僕にはあまり向いてないようです。

 

 

 

- | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
皮肉な笑い、「笑う故郷」

DVDで鑑賞。
ノーベル文学賞を受賞した作家が名誉市民に選ばれて、
40年ぶりに故郷へ。
錦を飾るかと思いきや、妬み嫉み、妖しい女に振り回され
とんでもないことに……。
なんて映画です。
市井の人々のせこさ、芸術家のわがままさ、などを辛らつで
シニカルな笑いで描いていきます。
でも僕は何度か大声を出して笑わせてもらいました。
エッジの効いた一本です。

 

- | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
さぁ今日は、「ペントハウス名画座」

我が中央町にあるジャズ喫茶、「ペントハウス」。
ママに、「ところで最後に映画観たのいつ?」と聞くと、

「うーん、ロッキーかな」と答えた。
「えー。ジャズライブを月に一度発信している店がそんなことじゃいかん。

映画館に行けないなら、ここで映画やろう」と企画し、お客みんなでお金を出し合い、

プロジェクター、スクリーンを購入。
少し前から酒を飲みながら映画を観るという会を始めたのです。

プレ上映は「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」(マドンナは太地喜和子)、

第1回は「ブルース・ブラザース」、
2回は「冒険者たち」、そして今回3回目が「太陽がいっぱい」。

みんなが観たい映画をそれぞれ提案し合議制で決めてます。入場は無料。
今日は18時からスタートですので、もし興味のある方は
どなたでもOKです。

ワイン片手にアラン・ドロン。
いかがですか?

 

 

 

- | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
怒っちゃ、ダメだね!

某会社で軽ーく企画会議を4時間ほどやったあと、一路、ベスト電器へ。
目的は明日プロデュースする
小さな映画会(無料)で上映する「太陽がいっぱい」の
DVDレンタルと、プリンターのインクジェット買い。
まず「太陽がいっぱい」が無かったのに驚き。
あんな名画を置いてないなんて。小さなイライラひとつ。
 
仕方がないのでインクジェット売り場に行くと、盗難防止のためか、
商品は売ってなく見本があるだけ。レジにこれを持ってこいと。
レジに行くと、先にいたお客さんが、店員さんの不手際なのか
結構なやりとり。5分ぐらいかな。
 少々お腹が減ったこともあり、ここで小イライラふたつ。

やっと僕の番。見本を差し出すと、レジ奥のストックで
商品を探す店員さん。でもなかったのでしょう、そのさらに
奥の倉庫室へと。そこにもなかったのか、もう一度ストックに戻りお探し。
その間、7,8分ぐらいかな。
待ってる僕に店員さんが「今在庫を確認しますので少しお待ちください」
ここで小→中イライラになり、つい
「もういい」と背中を向けた後、捨てセリフ的に「ありがとう」。
ヤダねー、俺。
 
その後別のレンタル屋に行き、「太陽」をゲット。
 本屋も併設してるので文庫本の新刊棚を覗いたら、
 「自律神経を整える 人生で一番役に立ついい方」(小林弘幸著)を
発見し反省、すぐに購入。
ついでに、「復活力」(サンドイッチマン)、「芸と能」(清水ミチコ・酒井順子)、
「33年後のなんとなくクリスタル」(田中康夫)も買い。

 ついでに書くと、DVDは他に、アンジェイ・ワイダ監督の「残像」、
ガストン・ドゥブラッド監督「笑う故郷」をレンタル。
 
長々と失礼。伝えたかったのは、皆さんお腹が空いたときは
商品を探す前に、ご飯を食べましょうということです(笑)。

- | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ライブ、プロデュースします!

僕が今最も力を入れてプロデュースしている音楽ユニット
「JIZAKE」(地酒と読みます)の
 ライブをやります!

 

8月10日(金)20時〜
ペントハウス(八幡東区中央町商店街内)
3000円(ワンドリンク付き)

 

彼らの得意なクラシックやジャズはもちろんですが、
プロデューサーとしてとくにお願いしているのは
AORの演奏。
ビリー・ジョエル、ボズ・スキャッグス、グローバーワシントンJrなどの
名曲がギターとコントラバスで蘇ります。
これが渋くてかっこいいので、ぜひAOR好きな方は聴いて
欲しいです。
彼らの紡ぎ出す豊潤で美味な音楽でぜひ酔いしれてください。

 

 

- | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.