圭さん日記

放送作家・脚本家、高坂圭のブログ。

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
高坂圭のホームページ
  • 高坂圭のホームページリンク
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
やったー、日本!

ラッキーだった。確かに。でも運も勝利のうち。
南米チームに日本が勝つなんて、もしかしてセネガルにも。
なんて思える嬉しい一夜です。
でもセネガルのマネ選手、大ファンなんですよね。

- | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
我が街のお姉さんたちはスゴイっす

中央町で僕が時々行くご飯やさん、「和幸」。
ここは元JALのCAさんが営んでいるお店。
「ガチ星」のポスターやチラシを宣伝してくれたこともあって、
お礼かたがたランチを食べに。
暖簾をくぐると、60〜70代の女性がカウンターにずらり。
皆さん顔見知りなので、僕が行くと歓声をあげてくれます。

 

今日の主役は明後日イタリアに旅経つ、某共産党の活動をもう

50年以上やっているバリバリのお姉さん。
彼女は野外オペラを観るためにイタリアへ行く。
そんな話しをしていると、方々から、海外での思い出話が。
しかもそれがお上りさんではなく、微に入り細に入り。
フィレンツェのあの路地裏にあるパン屋さんがおいしいとか、
ミラノにある大通りをちょっと入った横丁のご飯屋さんが
 いいのよ、とか、いやはやスゴイのです。

 

我が街、北九州市八幡東区中央町は、かっこつけずにさらりと
イタリアの横丁を語れる、本物のお姉さんたちが住む街です。
その中のひとり、今日の主役、共産党活動家から、津軽三味線、
高橋竹山の最後の弟子、高橋竹童さんのコンサートを今日

お世話するので来いと誘われ、急遽今から行くことにしました。

 

わが街、文化度、高い、でしょ。

- | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
うーん、「空飛ぶタイヤ」

池井戸潤さん初の映画化、ということですが
うーん、やっぱり彼の物語を映画にするのは無理がありますね。
池井戸作品の魅力は、主人公が大きな組織に踏みにじられ、
信じる仲間にも裏切られ、耐えに耐えて最後に、火事場のばか力のように

エネルギーを爆発させ、読む側にスカッとしたカタルシスを味合わせて
くれるところにあると思います。
でも2時間じゃそのタメが効かないんだよね。

 

結構上手に作ってると思うんですが、さすがにこの短さじゃ
大芝居の連続で、登場人物たちに感情移入できませんでした。
テレビドラマが向いてる原作というのもあるんだなと思った次第です。
まぁ、それを知っただけでも勉強になったけど。

 

 

- | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
次はジャズコンサートやります!

観山寄席第二夜も盛況で終了。
談幸師匠は「片棒」と善意と善意がぶつかる?
嬉しい噺、「井戸の茶碗」二席でお客さんを
江戸の世界に連れてってくれました。

 

ところで今日フライヤーが出来上がったので
次のイベントをご紹介。
僕が今一番好きなジャズギタリスト、山野修作さんが
 ニューヨークからトップミュージシャンを率いてのコンサートです。
良かったらどうぞおいでください。

 

 

 

- | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
観山寄席、第一夜

大広間にびっしり、95人のお客さん。しかも30人近いお客さんを断っての

満員御礼と聞き、我ながらその人気に驚きました。

大勢のお客さんの期待に見事応えてくれた談幸師匠。
のんびりとしたやりとりが幸せな笑いを届けてくれる...
「茶の湯」と江戸っ子のテンポが嬉しい「片棒」の二席で
皆さん、落語の楽しさを堪能してくれたようです。

 

ちなみに次回の寄席は、10月24日と25日なんですが、
博多はなんともう完売です。
その次の2月も予約したいというお客さんに、まだ公表してないので

そこは少しお待ちください、とお願いをする始末。
プロデューサーとしてはほんとうに嬉しい悲鳴ですが、
お断りするのもしのびなく、もう一回高座を増やそうかと
考え中です。


あ、小倉はまだまだこれからですので、どうぞご希望の方は
早めにご予約ください。

 

 

 

- | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.